引き出物選びはお任せ!結婚式の悩み事はここで解決。

これから結婚式をあげようとしている新郎新婦にとって引き出物選びや値段などはとても気になるものです。一般的な金額や他の人がどうしているのかなどの小さな疑問を解決しましょう!

結婚式場が提案する引き出物などを活用して準備を楽に

ウェディングでは、細かい事を含めるとやるべき事が多すぎて逆に何をすべきなのかわからなくなってしまう事もある様です。

そこで、結婚式場を決める事ができれば、後は必要な物がプランに含まれている事もあります。自分で個別に引き出物などを用意する事もできますが、すでに用意されている中から選ぶと手っ取り早くすべてを手配する事ができます。

結婚式場にはウェディングプランナーと呼ばれる人がいる場合もあるため、質問しながら決定する事もできます。

逆にこだわりがある人は、自分たちで引き出物などを他で見つけてくる人もいる様ですね。ですので、難しく考える事なく楽しみながらプランを考えたいですね。

友人への引き出物について

結婚式をするにあたり、頭を悩ますのが引き出物です。来てくれた方々への感謝の気持ちを込めたお礼の品なので、喜んでもらえるものを選びたいものです。親せき用、上司用、友人用に内容を変えて用意する方が多いです。

その中でも友人への引き出物は既婚者、独身者が混在していたり、一人暮らしや親と同居など生活しているなど生活様式の違いがあるので、みんなが喜ぶものを選ぶのは難しいものがあります。

そこで最適なのがカタログギフトです。食器やグルメ、ビジネス小物、アクセサリーなど多種にわたるので独身の方も既婚者の方も好きなものを選べる良さがあります。また、そのまま二次会に出席する方も多くいるので、かさばらず、重くない引き出物ということで人気があります。

どんな人でも使える引き出物

急いでいる時には短時間で引き出物を決めないといけない事もあるでしょう。人によっては全く使わない可能性があるアイテムを引き出物として選ぶと、贈り分けをするのが大変だと感じられる事もあります。

そのため、最初にどんな人でも使える物を数点引き出物としてピックアップするのもいいでしょう。そして、その中から性別やゲストとの関係などを考慮しながら選ぶのもいいでしょう。

時間がない時には、一人ずつに異なる引き出物を選んだりする事は難しくなる事もあります。また、引き出物は二人で話合いをしながら決定する事が多いと考えられますので、余計に時間がかかる事もあるでしょう。早めに取り掛かりましょう。

もらってがっかりした結婚引き出物とは

結婚披露宴に参加してもらったお礼としてのギフトを、引き出物と呼ばれています。引き出物は地域性がとても強いものであり、地方にいけば驚くようなアイテムが入れられていることもあります。しかし、結婚は両家とのつながりでもあるので、祖父母や親戚の人と相談しながら決める必要もあります。

どんなギフトでも中に何が入っているのか楽しみになってしまうものであり、期待していたよりも安っぽいものが入っていたらがっかりもしていますが、他にも個性的なものは避けた方が無難です。二人が気に入ってみんなにも使ってもらいたいというアイテムであっても、結婚披露宴には老若男女のさまざまな人に来てもらっているので無難なアイテムにしておくと安心です。

また、二人の記念の品であっても二人の写真や名前が入っているものは人によって迷惑になることもあります。両親や兄弟、親せきなど近しい人であれば記念として自宅で使用してもらうことができても、職場関係の人になれば困ってしまいます。一生に一度の二人の結婚式と思うと引き出物選びでも浮かれてしまいがちですが、一度冷静になって自分が他の人からもらった時にどう感じるかという目線で選んでみるといいでしょう。

マイプレシャスを引き出物として頼むといいサービス

マイプレシャスで引き出物としてカタログギフトを発注すると何点か便利なサービスがついてくるのですがその中の一つがメッセージカードを無料で作成してくれるという点です。ただ「ありがとう」「お世話になっております」といった定型文だけでなく、自分達の写真を入れたメッセージを作ってくれるのでとても便利です。

頼み方は簡単で、カタログギフトを発注する際に一緒にメッセージカードのデザインを選ぶだけです。写真もただデータをそのまま付けるだけでいいのでインターネットに不慣れでも簡単に頼むことができます。発注からできあがりまでの時間も短く5日もあれば完成します。

引き出物を決める時には

ウエディングを挙げるとなった際には様々な事柄を決めていかなければなりません。結婚式場、料理の雰囲気、ドレス…まだ引き出物も必ず決めなければならないことの一つです。

引き出物を決める際にはまずは招待客を上司・親族/同期・同僚/友達の3パターンくらいに分けます。値段にすると1.5万円から2万円、1万円、5千円というのが相場のようです。

なぜ世代によって価格帯が異なってくるのかというと、ご祝儀の価格帯がそれぞれによって異なってくるためです。親族にはあげるかどうか迷いますが、両親は別にしても、改めて来てくれた親族に対してはあげるのが一般的です。

引き出物に関する記事

当サイトへのお問い合わせはこちらのページからお願いします。[引き出物選びはお任せ!結婚式の悩み事はここで解決]サイトでは、結婚式でゲストに贈る引き出物やカタログギフトについての情報を掲載しています。他にも、結婚式場を探すポイントなどブライダルウエディングの準備に関するコンテンツも必見です。

ウエディング雑誌でも特集が組まれる京都の結婚式場、大阪や福岡、東京といった全国各地に対応した引き出物宅配サービスに注目。