引き出物選びはお任せ!結婚式の悩み事はここで解決。

これから結婚式をあげようとしている新郎新婦にとって引き出物選びや値段などはとても気になるものです。一般的な金額や他の人がどうしているのかなどの小さな疑問を解決しましょう!

結婚式場や引き出物にこだわるだけでなく小さな気遣いも

こんな所にまで、という細部にまでこだわったウェディングは驚きと感動を与える事もあります。結婚式場や引き出物はほとんどの人がしっかりと選んでいます。

特別なウェディングにしたいのであれば、ペーパーアイテムやプチギフトなどもしっかりと選びたいですね。

特にペーパーアイテムはいつまでも取っておく事ができますので、後になって見る事もあります。記念に取っているという人も多いのではないでしょうか。
ウェディングのコンセプトに合わせたいですね。

結婚式場や引き出物などを選んでから細かい物を選ぶといいかもしれませんね。

結婚式場や引き出物にこだわるだけでなく小さな気遣いも感じられ、来てくれた人がびっくりする様な素敵なウェディングにしたいですね。

グルメな人にもおすすめな引き出物について

引き出物には、様々な種類があります。その中でもおすすめなのが食品です。食品は、性別、年齢を問わず、誰にでも必要なものだからです。そして、最近の食品の引き出物では、選べるギフトブックのものが人気があります。

肉類や魚類、お菓子など、様々な種類の食品が掲載されているのです。そのため、女性であればお菓子、男性であれば肉類など、それぞれの好みに合わせて、選択をすることができます。また、選択するとこのできる食品は、どれも有名なものやおいしさが保証されているものばかりのため、グルメな人にも十分に対応することができます。

割れる引き出物を避ける

昔から言われている風習をできるだけ守って引き出物を選びたいと考えているのであれば、割れる物は避けた方が無難だと言えるでしょう。

陶器やグラスというのは物としては魅力的ですが、引き出物となった場合には、割れ物となりますので、あまりウエディングの場には相応しくないと考える人もいます。

現代において、割れる引き出物は必ずしもダメだとは言い切る事ができませんので、迷う事もあるでしょう。ゲストの事を考えて、割れる引き出物でも問題なさそうな場合には割れ物を考慮し、風習を気にしていそうな人であれば、別の物を贈る様にするという工夫をする事もできます。引き出物は、自分達ではなくゲストが満足していただければ大丈夫です。

法事の引き出物選びのポイント

四十九日を過ぎて、年忌へ参列してもらった人達への、お供えのお返しを引き出物といいます。引き出物の金額は、いただいた額の3分の1から2分の1程度といわれています。しかし、年忌に来てくれた人達には、会食と合わせてその場でお返しをします。したがって、お供えの額を確認することが出来ないため、2,000円から5,000円程度の品物を用意しておくようにします。

お返しの品物選びのポイントとしては、不祝儀であることを頭に入れておき、向いた品物を選ぶようにします。消え物といわれる、消耗品や食べ物など、あとに残らないものがよいとされています。洗剤やせっけん、お茶や海苔などの乾物、お菓子などが一般的です。最近では、持って帰ってもらう人達のことを気遣い、重い物やかさばるもの、さらには持ちづらい大きなものを避ける傾向にあります。カタログギフトなども、もらう人達の好みによって、選べるため、引き出物として人気があります。

法事に来てくれた人達には、手渡しで渡しますが、当日来れなかった人達で、お供えをもらった場合には、お返しの品物を配送するようにします。お礼状を同封し、時候のあいさつ、お供えに対するお礼、さらには法事が無事に済んだ報告を知らせるようにします。

マイプレシャスの引き出物とは

選ぶ側ももらう側も苦労があった引き出物は、今ではとてもスマートになっています。特に遠方から来た場合、以前では大きな手提げ袋を抱えて、帰らなければならず、また、せっかく貰ったものでも、自分の好みでない場合もあったりと、贈る側が苦労して選んだとしても、必ずしも相手に満足してもらえるとは限らないものでした。

マイプレシャスの引き出物なら、式場に持ち込みする必要がなく、バリエーションにとんだカタログから、ゲストに好きな商品を選んでもらい、自宅に商品を届けられるシステムです。マイプレシャスなら、ゲストに合わせて費用や商品にこだわってカタログが贈れるのも特徴の一つです。

時代とともに変化する引き出物について

引き出物の形が時代とともに少しずつ変化しています。ひと昔前は料理を持ち帰ることが主流でした。それが近年になって、メインの品物や引き菓、かつお節などのしきたり品などを渡すようになりました。

メインの品物も新郎新婦がセレクトしていたのが、最近ではカタログギフトなどのゲストに選んでもらう方法に変化しています。また、渡す場所においても結婚式場ではなく、直接ゲスト宅に送るようになっています。

このように利便性があるサービスに変化しています。しかしながら一番大切なのは、新郎新婦がゲストに対して思う感謝の気持ちになります。

引き出物に関する記事