引き出物選びはお任せ!結婚式の悩み事はここで解決。

これから結婚式をあげようとしている新郎新婦にとって引き出物選びや値段などはとても気になるものです。一般的な金額や他の人がどうしているのかなどの小さな疑問を解決しましょう!

理想のウェディング

結婚する相手が決まったらウェディングをしましょう。

家族や友人に祝福されながら挙げたい人や、海外の結婚式場で挙げたい人など人それぞれ思い描いている理想のウェディングは異なります。

理想の結婚式を挙げるための準備を何からすればよいのかわからないという方は結婚プランナーやコーディネーターに相談すると良いでしょう。

また結婚情報誌やWEBサイトを参考にして進めるのも良いかも知れません。
人生で一番幸せな瞬間を素敵な結婚式で演出しましょう。

仕事内容が知りたいウエディングプランナー

ここ数年、ウエディングプランナーになりたいという人は多く、目指している人も多い様です。ウエディングプランナーは、結婚式場でプロデュースをする仕事になります。ウエディングプランナーは、挙式を行うカップルからしっかりとニーズを聞き出して、挙式に反映する事が求められます。

いかにしてカップルが満足するかという事はウエディングプランナーにかかっています。ですので、ウエディングプランナーの仕事をするためには、かなりのコミュニケーション能力が必要になってくる事が予想されます。楽しそうに感じる人も多いと思われますが、しっかりと段取りよく仕事を行う必要があるため、責任ある仕事だと言えるでしょう。

結婚式場でウエディングを挙げるメリット

近年は、経済不況や晩婚化などが影響し、結婚式場でウエディングを挙げない、いわゆる結婚式離れが増加してきています。結婚式の魅力や目的を知れば、きっと結婚式を挙げたくなるので、まずはメリットなどを知っておきましょう。

一番はなんといっても思い出に残ることです。特に新婦は綺麗なドレスを着て、主役になれる瞬間なので、憧れている人も多いです。また、結婚式場に集まってくれた親や親族、恩師や親友などに感謝を述べる機会が出来ることも、大きなメリットです。たくさん迷惑をかけてきた分、成長して家庭を持つことができるようなったことを、しっかりと伝えるようにしましょう。最近では、ウエディング会社も集客のために工夫しており、費用が安くても華やかな結婚式を挙げることができます。

自分に合うウエディングドレスの選び方

雑誌やカタログで素敵なウエディングドレスを見つけたとしても、自分が着てみたらモデルさんが来ているのと違って見えたということもあるものです。モデルさんのようなスタイルの良さがあれば、どんなドレスでも似合ってしまうものです。しかし、デザインが気に入ったとしても、自分に似合わなければ結婚披露宴で笑いものにもなってしまいます。

自分に合うウエディングドレスの選び方としては、まず自分の体型を理解することから始めてみます。その他に、かわいらしい雰囲気にしたいのか、大人っぽい雰囲気にしたいのかなどのデザインを絞っていきます。京都でも人気のAラインのドレスは、どんな人にも似あうシルエットをしています。スカート部分がアルファベットのAの字のように広がったものであり、ヘアメイクや小物使いによってかわいらしくも大人っぽくも見せることができます。また、背が低い人であればプリンセスラインやベルラインが似合います。逆に、身長が高いという人であれば、身長を活かしてスレンダーラインやマーメイドラインに挑戦してみるといいでしょう。

他にも、妊婦さんや個性的なウエディングドレスに挑戦してみたいという人には、エンパイアラインが向いています。胸のすぐ下からスカートが切り替えとなっているのでウエストを絞ることがなく、ウエストラインが高いことから足長効果や縦長効果を得ることもできます。

ウエディングドレスの種類

ウエディングドレスは女性の永遠の憧れです。しかし、一口にウエディングドレスといっても、実はさまざまな種類があるのです。どの形を選んでもダメということはない上に、一生に一度しか着る機会がないので慎重に選びましょう。

自分が着たい形やデザイン、シルエットなどを選ぶといいでしょう。主なシルエットとしては、Aラインと呼ばれる、腰から下が広がっているタイプのもの、マーメイドと呼ばれる腰がキュッとしまっており、足元だけ裾が広がっているもの、エンパイアラインと呼ばれるハイウエスト気味で、上からすとんと裾が落ちているものがあります。

ウエディングにおける配慮について

ウエディングをおこなう場合において、結婚式の準備や当日の流ればかりに意識がいってしまいがちですが、ゲストに対しての配慮や気配りが大切であることが挙げられます。

ゲストに対しての配慮については、どの場面においてもゲストに対しての言葉がけを忘れずにすることです。また、ゲストの待ち時間などに対しても、楽しむことができるようにドリンクやペーパーアイテムなどを用意すると、知らない人同士でも楽しむことができます。

このような少しのポイントでありますが、ゲストが楽しむことを忘れずに配慮することが大切になってきます。

結婚式場に関する記事