引き出物選びはお任せ!結婚式の悩み事はここで解決。

これから結婚式をあげようとしている新郎新婦にとって引き出物選びや値段などはとても気になるものです。一般的な金額や他の人がどうしているのかなどの小さな疑問を解決しましょう!

TOP 引き出物 引き出物の配りわけ

引き出物の配りわけの項目一覧

  1. 引き出物の配りわけ
  2. 品物と食べ物の2種類の引き出物
  3. 引き出物に食品を選ぶ時には、よく考えて
  4. 結婚式引き出物の名入れ
  5. ブランド品の引き出物
  6. 大きく異なる地方による結婚式の引き出物事情
  7. ネームインポエムを引き出物に決めたら
  8. 引き出物に使いやすいネームインポエム
  9. 悩みたくない引き出物について
  10. 引き出物に関する基礎知識
  11. 婚姻に関する統計

2018年8月17日更新

引き出物の配りわけ

結婚式の引き出物を配りわけを行う人たちも最近では多くなってきているようです。

以前では、結婚式に参列した全ての人に同じ引き出物を配ることが多かったようです。

お祝い金の違いなどもあり、結婚式をあげる新郎新婦にとっては、同じ金額の品を配るというのも気になるところなのではないでしょうか。

また、年齢や性別によっても趣味趣向が違うため、すべての人にあてはまる引き出物を探し出すのは難しいことだと言えます。

カタログギフトなども同じ金額のものでも最年齢や性別によっても贈りわけをすることが可能になってきています。

値段だけではなく、年代や性別によってカタログの種類が有るのはとても便利です。

いくら好きなものを選べるカタログギフトとはいえ、選ぶものが無いのでは意味がありません。

また、カタログギフトは定期的に中身の変更があり、季節の商品がありますから、宅配されてくるのが楽しみになりますね。

品物と食べ物の2種類の引き出物

引出物は結婚式に参列してくれたゲストに感謝の気持ちを込めて土産物として贈る物です。一般的に、品物と食べ物の2種類を用意することが多いです。

2品や4品というように数字で割り切れる数は縁起が悪いので3品や5品を用意することがマナーだと言われています。

他にも引出物にはいくつかのマナーがありますが、現在は気にしない人も多いようです。

また、結婚式のスタイルや地域によっても風習やマナーが異なります。
失礼のないように事前に確認しておきましょう。

新郎新婦の希望に合った結婚式場でウエディング

引き出物に食品を選ぶ時には、よく考えて

結婚式の引き出物は、主役の二人のセンスがわかるもの。ゲストの皆様への感謝を伝えるアイテムでもあります。

ですから、引き出物を選ぶ時には、自分たちの好みだけでなく、ゲストは喜んでくれるのか、といった観点からもよく考えて決めましょう。

特に食品は、人によって好みも異なりますし、賞味期限もあるので、ゲストがもらっても困らないもの、賞味期限が短くないものを選びましょう。

そう考えると、ギフト用の小ぶりなお酒やお米、コーヒーや紅茶、乾物などは、あまり重くなく、日持ちもしてたくさんあっても困らないので良いかもしれません。

相手の方が好きなものを選べるカタログギフトもオススメです。最近では、こだわりの食品が載っている一味違うカタログギフトもあります。

結婚式引き出物の名入れ

何かスペシャルな結婚式引き出物にしたいという事で、名入れを希望する人は少なくありません。しかし、結婚式引き出物に名入れを行ってしまうと、人によっては日常生活の中で利用しにくくなる事も考えられます。特に会社の同僚や上司から引き出物をいただいた際に名入れの物というのは、ちょっと使いにくく感じられる事もあります。

特にずっと使い続ける事ができる結婚式引き出物であれば、却って利用しにくく感じられる事もあるでしょう。

引き出物に名入れを行う場合にはパッケージだけに行うなど工夫する事によって、使いやすさを保つ事ができる事もあるでしょう。名入れは非常に魅力的なサービスではありますが、利用の際に注意しましょう。

ブランド品の引き出物

以前からブランド品を引き出物として贈るという事はよくある事だと言えるでしょう。ゴージャスさや特別感もある物が多いので、ブランド品の引き出物というのはウェディングにおいてふさわしい事も多いでしょう。

しかし、年齢や性別で好まれるブランド品の傾向は異なる事もありますので、引き出物として贈る際にはその点に注目しましょう。

ブランド品の引き出物ギフトイメージ

また、有名なブランドではなくても、高級感があって珍しい物であれば引き出物として贈る事もできるでしょう。引き出物ではブランド品から選ぶのもいいですし、それにこだわらずに選ぶという事もできるでしょう。何より大事な事はゲストに満足していただく事だと言えるでしょう。

大きく異なる地方による結婚式の引き出物事情

同じ日本国内であったとしても、結婚式の引き出物事情は地方によって大きく異なる事があります。

自分自身と結婚する相手の地域における結婚式の引き出物事情については、少なくとも把握しておく事が大事です。

結婚式の引き出物事情に関しては、ネットで簡単に調べる事ができます。一部の地域においては、あえてボリュームがある大きな品物を引き出物として贈る事もあります。

その場合には、結婚式場で引き出物をいただいたとしても、家に持って帰る事ができませんので、自宅に直接届けるという方法を採用している事が多い様です。

また、二人の名前が入った物が贈られる地域などもある様です。どこまで風習を取り入れるかは、自分達次第となります。

ネームインポエムを引き出物に決めたら

引き出物をネームインポエムにしようと決めたら一体どのように注文すればいいのでしょうか。あまり店頭で見かけることのないアイテムなのでよくわからないという人も多いかと思います。

まず探す時ですがインターネットで「ネームィンポエム」と探すと数多くの取り扱っているサイトが出てきますので、その中から自分達の好みのデザインがある所を決めます。

後は決められたフォーマットから発注するだけです。細かな注文も別途メールフォーマットに入力することができる場合が多いので希望がある場合にはあらかじめ伝えておきます。

支払い方法はクレジットカードであったり、代引きであったりと都合に合わせて選ぶことができます。

感謝の気持ちを伝えるウエディング

引き出物に使いやすいネームインポエム

何か記念に残したい思い出などにピッタリのアイテムが、ネームインポエムです。お気に入りの言葉や歌詞やイラストが、名前と一緒に合わせられて描かれた作品のことを現します。

それぞれの作家の個性が生きた作品を選ぶことが可能となっています。

プレゼントなどに人気であることはもちろん、受け取る側としても嬉しいものであり、新しいブームメントの一つとして積極的に取り入れられている他、その人ならではオリジナリティ溢れる表現方法でもあります。

近年では結婚式の際の引き出物としても使用されるようになり、幅広い人気を集めています。

悩みたくない引き出物について

結婚式における引き出物の存在は、結婚式に出席したゲストにとって楽しみな要素の一つでもあります。記憶に残る結婚式の開催と共に、手元に残る贈り物は、後から振り返ることのできる物でもあります。

タオルや食器などが定番とされる中、近年ではカタログギフトの人気にも注目が集まっています。

年齢や性別、生活習慣など、それぞれの事情を考えるのは難しいものの、カタログギフトの利用によって、一人ひとりに合わせた贈り物が実現できます。

また、宅急便のサービスなども充実しており、結婚式のプランに取り入れられやすいよう工夫されています。

引き出物に関する基礎知識

引き出物は、結婚式に出席して下さった方へのお礼の品物として配られます。記念品と引菓子をセットにして配られるのが一般的です。

ご祝儀の金額や男性、女性、既婚、未婚などゲストの属性に合わせて贈る品物を変える贈り分けが最近では定着してきています。

贈り分けをする場合は、別々の品物を贈っていることがゲストに分からないようにするのが心遣いです。

最近は贈り分けがしやすく、頂いた方が欲しいものを選べるカタログギフトが人気を集めています。

遠方からのゲストにとっても荷物が重くならないため、カタログギフトは喜ばれる引き出物です。

婚姻に関する統計

平成29年1月18日に発表された厚生労働省の情報によると婚姻件数、婚姻率は平成21年以降は徐々に減少しております。しかし、再婚数はほぼ横ばいとなっています。

離婚した後、5年以内に再婚する確率は男性の方が、女性より高い傾向にあります。平均婚姻年齢は平成27年では、「夫妻とも初婚 」の場合、夫は 30.7歳、妻は 29.0歳、「夫妻とも再婚」の場合、夫は 46.5歳、妻42.7歳となっています。

引き出物に関する記事

メニュー

引き出物選びはお任せ!HOME 引き出物 郵送 引き出物 京都結婚式場 結婚式場 ウエディング ウエディング京都 結婚式 引き出物 マイプレシャス 引菓子 結婚式場や引き出物

当サイトへのお問い合わせはこちらのページからお願いします。[引き出物選びはお任せ!結婚式の悩み事はここで解決]サイトでは、結婚式でゲストに贈る引き出物やカタログギフトについての情報を掲載しています。他にも、結婚式場を探すポイントなどブライダルウエディングの準備に関するコンテンツも必見です。

ウエディング雑誌でも特集が組まれる京都の結婚式場、大阪や福岡、東京といった全国各地に対応した引き出物宅配サービスに注目。